令和元年度苦情報告 保育園うさぎ
2020/04/15

□子どもの怪我について
 2歳児(女児)の父親からお電話にて

保育中に本児が友達からほっぺたを噛まれてしまった。お迎えの際に保護者にいきさつをお伝えするとともに、大事なお子さんに怪我をさせてしまったことを謝罪する。夕方になり本児の父親から電話があり、今回の怪我に関して、大変憤慨している様子だった。噛みつきを防げなかったこと、痛い思いをさせてしまったこと、改めて謝罪をさせて頂くが、お怒りはおさまらない様子で、父親の思いを聞かせて頂いた。
翌日、母親と話をしたが、今回の怪我が顔だったこともあり、父親への謝罪の電話も欲しかったこと、怪我をしたその時に連絡をして欲しかったことを話してくださった。配慮が足りなかったことを謝罪した。職員間で話し合いを行い、保育中の怪我に関して、子どもの遊びの状況を見ながら、個々に応じた援助ができるようにしていく。


令和元年度苦情報告 保育園うさぎ
2020/04/15

□職員の対応について
 2歳児(女児)の父親よりお電話にて

本児が帰宅してから元気がなく嘔吐もあり、保育園でも様子がおかしかったのではないか、どうして早めに連絡をしてくれなかったとの連絡を頂く。本児は食欲もあり熱もなかったが、咳が見られていた。気管支が弱いこともあり、保護者も普段心配されているので、念のため室内でゆっくり過ごしていた。降園時、その日の様子や咳があったことを母親にお伝えした。自宅に帰られてからの本児の姿に、両親ともにとても心配された様子で、報告が遅くなったこと、ご心配をおかけしたことを謝罪した。これまでは、なるべく保育園で様子を見て欲しいと言われたこともあり、出来る範囲内で保育園でお預かりをと考えていたが、保護者の思いが違ったこともあり、連携が取れていなかったことが原因の一つだと感じた。後日、今後の対応について母親と話し合いを行った。今後、保護者が安心して預けられるよう、保護者の思いも聞きながら、信頼関係を築いていきたい。


職員の対応について
2020/03/06

園児が朝の送迎時に母親と別れる際、泣いて暴れた為、保育士が抱きかかえた時に暴れて
落ちそうになったので落ちないようにギュッと抱きかかえる事が数回あった。
その姿を見た父母と祖父母が子どもがいじめられているのではないか?と感じてしまったとの事で相談があった。



朝の状況は、ずっとではなく一定期間だけのことだったので、保育園側がそこまで気に留めることはなかったのだが、保護者から見たらそのように見えてしまっていたとの事だったので、立場の違う人が見た時の事まで考えて行動するべきだったと感じた。



全職員にも周知し、今後このような場面があった際には、優しく言葉を添えたり、抱きかかえる際の抱き方等にも配慮するようにと共有した。


職員の対応について
2020/02/19

朝の登園時に、クレームではないんですけど、休日保育の利用の際、朝の登園時に
受け入れた職員の対応がすごく不愛想だったんです。保育士さんはやっぱり笑顔でいて
もらいたいと思います。とのご意見を頂く。


人間だれしも体調の悪い日もあるし、いつも笑顔でいたいけれどもできない日もあるとは思う。その日にたまたま考え事等をしていてそのような不愛想な対応になってしまったのかも
しれないと思われる。

全職員に今回のことを周知し、全ての職員ができるだけ笑顔で保護者や子ども、外部の方に
接する努力は忘れないようにしていきましょう、と呼びかける。


職員の対応について
2020/02/19

お迎えの際に、他のお友達が近寄ってきて「今日、○○君、裸のままで2階に行ってたよ。」と言われたので不審に思ってその日にクラスに入っていた職員に尋ねたところ、「シャワーの後におふざけして2階に行っていたんです。それと、給食の準備の際に全然準備をしなくて、箸とコップを取り上げて無視をしていたんです。そのあと○○君はしゅんとして反省している様子でした。とお話をされる。また、「ほかにもあるんです。私が話をしたり、注意をするとニヤッと笑顔になって話を聞かないでいるんです。」と。
お母様自身は冷静に聞かれて帰宅するが、箸とコップを取り上げて無視をしたことに対して不快に思う。兄の通っている療育の先生や、知っている保育士にお話をして相談をされたとの事。
他の保護者に聞いても、何人か、同じ保育士に対して不快に思っている人もいると聞いた。子どもにも悪いところはあるが、対応の仕方がおかしいと思い、この事実をお伝えしたかった。
園を利用していてありがたいと思うが、残念な気持ちになる。匿名希望だが、全職員に周知して、同じことを起こさないようにして頂きたい。

今回の職員の取った対応に対して、3歳児でもあり、まだ理解の難しい月齢の子どもでもあるため、職員が少し反省をするようにとの思いがあり取ってしまったのかもしれないが、やはり母親にお伝えする内容としては不適切であり、もう少し言葉を選んでお伝えするべきだったと思われた。


全職員に向けて今回の匿名でのご意見を周知し、保育士としてどのような対応方法があるかを
全員で話し合い、今後の対応に生かしていけるようにする。
 また、保育士が対応に困る子どもの言動等にどう対応していくかは幼児保育相談会の中で
専門の講師に相談して対応方を学ぶ。


お便りの配布、印刷について
2018/06/01

   平成30年5月より、これまで紙面にて配布していた各お便りをアプリ「きっずノートのみの配信とさせて頂いたが、各園の数名の保護者の方より、登録ができない、スマートホンの操作が難しい等のご意見を頂いた。
 それを受け、保育士が一緒に登録したり、使い方を教える等のサポートを行うと共に、保育園のホームページにもお便りをPDFで掲載して色々な方法で印刷がしやすいように環境を整えた。
 どうしてもパソコンやスマートホンのないご家庭には紙面でもお渡しをするが、保育士の業務削減や、エコ活動の一環として、各事業所で保護者の方にご理解を頂き、今後も今のやり方が定着するよう、すすめていきたいと思う。


平成28年度 苦情報告(保育園うさぎ)
2018/01/12

□園児(1歳児男児)の母親より帳面にて

相談者は夜勤をする仕事をしており、相談日の前日のお迎え時も夜勤明けであった。相談者の長男(1歳児)が咳、鼻水がひどく保育士も心配していたこともあり、迎えに来た際に園児の様子をお伝えした。保育士からの「咳がひどいですね。病院には行かれていますか。」の言葉に、責められているように感じたと翌日帳面にてお話があった。対応した保育士と話をし、配慮不足であったことを相談者に謝罪した。相談者は普段から体調面にはとても気を使っており、保護者のおかれている現状や気持ちを考慮した対応ではなく、配慮が足りなかったため今回のことがおきてしまった。今後、同様のことがないように、保護者の気持ちに寄り添った言葉かけができるよう心がけていくようにする。


保育園の対応について
2018/01/06

 園児(3歳女児)の母親より書面にて

 前月に配布された園だよりの行事予定で園外保育の日程をみて休みを取った。お弁当だけは自分で作ってあげたいと思って今までもそうしてきた。しかし、いざ今月になっみたら日程が変わっていて、自分が休みを取っていない日になっていた為、お弁当を作ってあげられなくなってしまった。予定が変わったのなら、事前に知らせてもらえたら休みの変更ができたのに、との申し出。
 会議の中で日程の変更があった際に、園だよりに日程を載せていた事に気付かずにどこにも知らせていなかった。今後はきちんとチェックして、このような事のないようにしていく旨を話し、謝罪する。


保育士の対応について(平成29年3月13日)
2018/01/06

園児(5歳、男児)の母親より
 お別れ遠足のチーム分けについて、仲良しの友達と一緒のチームになれなかったことを嫌がり遠足に行きたくないと言われた。思い通りにいうかない事もこれから先たくさんあるから、我慢も必要だと話をするが、「どうして楽しい遠足なのに我慢をしないといけないの。」と納得してくれないので困っているとの事。
 担任によると、卒園式前で園児に対してもなかなか話をする時間がなく、チーム分けについてもまだ何も話しておらず、チームを知らせただけだったとの事。卒園式後に子ども達にチーム分けの理由や、兄弟児との兼ね合いもあり、このチームになったということを説明すると共に、保護者にも説明をして理解してもらう。


保育園の対応について(平成29年2月15日)
2018/01/06

 園児(5歳、男児の叔母より)
 前日に保育園で微熱があり、医務室で様子をみていたことについて。園児の母親が気にしていた事を言われる。家では熱はなかったので保育園に行かせた。もしも熱が上がり、医務室で様子をみるのであれば、その事を連絡してもらえたら迎えに来たのにと言われていたとの事。
 保護者の気持ちを考え、今後は医務室での保育となる場合は、必ず連絡を入れ、了承を得る事を全職員に周知する。




戻る